mokuseiya diary

| mokuseiya | calender | category | archive | link | profile |
22:54




ひと雨ごとに涼しくなるこの季節。

夏の蛙達は、一体どこへ行ったのだろう。

| 作品 |
子虎3兄弟 21:08

ころもやさんで受けた受注分の子虎3兄弟です。



今年は寅年ということもあってか、本当に子虎に注文が集中しています。

このうちの一頭は今年の3月に生まれた男の子の元へ行くそうです。

しっかり見守ってあげるんだよー!
| 作品 |
新作 「子鹿」 20:22
 昨日出来たばかりの「子鹿」に紐を付けて
早速お客様の元へ旅立たせました。

| 作品 |
新作 「子鹿」 15:55
 
やっと完成しました。

新作の子鹿です。




頭に穴を開けたくなかったので、
反対側の背中に開けました。

この子鹿は常連のお客様のリクエストにより実現したものです。



北海道での修行中、冬の雪山をスノーモービルで走っていたら
鹿の親子も並行して走っていたのを思い出しました。
| 作品 |
新作 「羊」 18:10
新作、といっても3月にはもう出来ていましたが、

やっとアップしました。

【ひつじ】といえばやっぱりふわふわもこもこ。



 


ちなみに・・・

ほんとにたまたまなんですが・・・

今夜はジンギスカンです(泣)
| 作品 |
ユニバース2 21:10
今回は

「ターコイズ」と「ルチルクオーツ」の根付が完成です。

ルチルクオーツは透明な水晶の中に金色の針のような鉱物が含まれている不思議な石。

この針の正体は「二酸化チタン」の結晶のひとつだそうですが、
自然の美しさをそのまま閉じ込めて表現しているかのような存在感を感じます。


自然の表現力にはいつも圧倒されます。

もちろん様々な色の天然石もそうですが、
動物の容姿やその体に描かれる様々な模様、
さらにはひとつの決まった場所で太陽に向かって自己表現しているかのような植物達。

そのデザインは偶然なのか・・・?と思わせるほどの無限のパターン。

生き物以外にも・・・

雲のかたち

川の流れ

打ち寄せる波によって描かれる砂浜の模様・・・


色や形、動きや模様。

ため息が出るほどの力強い自然の力。

感覚を研ぎ澄ませると見せてくれる偉大な先生達から
まだまだ教わることがありすぎる。。



| 作品 |
ユニバース (天然石入り根付) 20:29
ご注文分の天然石入り根付が2つほど完成しました。

左がラピスラズリ、右がマラカイト。

周りに彫ってあるのはアイヌ模様ですが、ひとつひとつ根付ごとに模様を変えています。

今回はこの二つとも、模様の一部に「波紋」を彫りこみました。

楽しい事、嬉しい事、幸せの瞬間など、ポジティブな”気”が波紋のように
周りに伝わるイメージで。




いつもはこの根付、わかりやすく「天然石根付」と呼んでいますが・・・、

本当の名前は、「宇宙の卵」もしくは「ユニバース」。

天然石に穴を開けたくなくこのようなデザインになったのですが、
まん丸の天然石はまるで惑星のよう。

その惑星を包み込む果てしない「宇宙」という母体。

私たち人間はこの惑星の中にいて、頭上に広がる空見上げながら
広大な宇宙を想像し、毎日生活している訳だけれど、
ほんとうは私たちこそがこの周りの模様の一部なのかな。。
と、この根付を彫っている間はそんな事を考えながら彫っています。


さらに今日、注文していた惑星たちが私の手元に届きました。

上記の2つの他、
・ルチルクオーツ
・ターコイズ
・タイガーアイ
・水晶
・レッドジャスパー
・アメジスト

そして今回初めてローズクオーツも入荷しました。


お好みの惑星を優しい宇宙の懐に包み込んでお届けいたします。







 

| 作品 |
柴犬 18:25
 

出来たての柴犬です。

今までの柴より細かく彫ってみました。

おかげで一日がかりです。


外を歩いていると、必ずと言っていいほどの遭遇率の高い犬です。
なぜかスペインを歩いている時でさえ遭遇しました。

まあるいお尻とくるんと巻いた尻尾がかわいい柴犬。

いつか飼うなら絶対この子です。

今も2軒隣の柴ワンコが「ワンワン」吠えながらしっかり門番しています。
| 作品 |
虎の親子 22:18
 


虎の親子です。


依頼主様がご自分用にと、お父様へのプレゼントだそうです。


ご家族へのプレゼントしてご依頼を頂く事がよくあります。

かくゆう私の両親の携帯電話にも木星屋の根付がついています。

父が「鯉」で母が「猪」。

母はそろそろ違うのが付けたいと言っていましたが。(笑)


ちなみに姉は「勾玉ストラップ」を気に入ってくれて3年以上付けてくれています。

その息子(甥っ子10歳)はスライムコレクターなので、誕生日にスライムの根付を作ってプレゼントしました。←これは彼のスライムコレクションコーナーに飾られています。

夫は「天然石入り根付」で、親友は「猿の根付」。


身近な人が皆根付をつけてくれて嬉しいかぎり。

ちなみに私もお猿です。


カワイイ「ラッコ」が出来たら乗り換えてしまうかも。





| 作品 |
亀と京都 17:20


 


こちらの亀は京都の老舗和装小物「きねや」さんからの
ご注文です。

今後作品をいくつか置かせて頂く事になりました。

さらに、
「京都でも実演を!」
と夢のような事をご提案して頂きました。

ぜひいつか実現させたいです。


京都。
東の人間にとっては憧れの町です。
でも想像より意外と小さい町なので、
過去3回行ったけど、その都度シンクロが続いて驚きです。

まず、知り合いの知り合いっていうのがほんとに多い。

その他町を歩いてると京都の友人とバッタリ!とか
京都滞在中に連絡が途絶えていた京都に引っ越した友人や
京都がらみで知り合った友人から相次いで連絡があったり・・・etc

あまりにも行く度に色々重なるのでなんだか面白い町です。

また以前みたいにのらりくらりと下道で寄り道ばっかりしながら車で行きたいなぁ。
三重県あたりの山奥で通ったなぜだか強烈な印象の集落を
また通ってみたい。

東寺付近の怪しいゲストハウスはまだあるのかしら。
もう泊まる事はないと思うけど(笑)

鴨川の河原でジャンべを叩いていたあの頃が懐かしい。。





| 作品 |
| 1/2 | >>